抗酸化作用や豊富なミネラルを含んでいる事で話題の健康茶「ルイボスティー」。市販でも様々な種類のルイボスティーがあるので、飲み比べてみるのも良いと思います。ノンカフェインで苦味やクセが無く、毎日気軽に飲めるのも人気の理由の1つ。

そんなルイボスティーですが実は副作用があるとの噂で、「水銀が含まれている」「お腹がゆるくなる」といった事があるそうです。本当にルイボスティーに副作用はあるのか?詳しく見てみましょう。

ルイボスティーの気になる副作用

お腹が痛い男性ルイボスティーは基本的に人体に無害、副作用が無いとされています。ノンカフェインですので、妊婦さんや小さなお子さんでも飲めますし、化学成分なども配合されていないので文字通り「健康茶」として安心安全に飲む事ができます。ただし、飲みすぎると「お腹がゆるく」なってしまう場合があるので、その部分だけ注意が必要。

体に良いからとガバガバ飲むのはNG!

ルイボスティーは1日に大体300ml~500ml飲むのが良いとされ、これを毎日続ける事がポイントとなります。飲み物ですので、ペットボトルや水筒に入れて持ち運びも可能。いつでもどこでも飲めるメリットがありますが、それは裏を返すと飲みすぎてしまう場合があるという事になります。







ルイボスティーは体に良い!と言われるとついつい飲みすぎてしまいますよね。飲みすぎると先ほども言いましたように体質で「お腹がゆるく」なる事があります。また、胃に溜まるのでアイスで飲むと体を冷やし、便秘や下痢の原因になる事も・・・美味しくても1日の適量を守って健康的に飲み続けるようにしましょう。

ルイボスティーに水銀が入っているというのは真っ赤な嘘!

チェックルイボスティーの産地は南アフリカですが、環境問題から南アフリカの土には水銀が含まれているのでは?と噂がたち、その土で育ったルイボスティーにも水銀が含まれていると言われた事があるんです。しかし、それは真っ赤な嘘で、日本に輸入されるルイボスティーも日本メーカーが作っているルイボスティーもきちんと品質管理されているので「水銀」が入っているという事はまずありません。それでも心配だという方は、口コミ・通販サイトで評判の良い商品やそれなりの価格の商品を購入するようにしましょう。
ルイボスティーは副作用なく誰でも安心して飲める健康茶です。どんな健康茶でも摂取し過ぎはお腹を壊してしまうのでルイボスティーも適量を守って飲むようにしてくださいね。